クレジット契約の仕組み

Mechanism of credit contract

こちらでは、クレジット契約における仕組みについてご説明いたします。
詳しくは日本クレジット協会のWebサイトをご参照ください。

所有権留保について

なぜ所有権をクレジット会社が持つの?
クレジットで商品のご契約をされた場合、商品はご契約者さまがお受取後、使用が可能となりますが、代金を販売店さまへ立替えてお支払したのはクレジット会社となります。そのため、お客さまがクレジットのお支払を終了するまではクレジット会社が商品を所有する権利を持つこととなります。これを「所有権留保」といいます。

お車の場合、基本的には車検証の所有者欄にクレジット会社の名前を登録します。一部、弊社判断により登録を行わないこともございますが、その場合であってもクレジット契約の終了まで車の所有権を持つのはクレジット会社となります。
詳しくはクレジット契約書裏面約款をご確認ください。

車検証の登録変更や所有権解除について

クレジット会社の所有権登録を実施したお車の登録内容の変更(ナンバーのご変更等)や所有権留保の解除をご希望される場合は、クレジット会社が発行する書類が必要となります。
この場合、ご契約者さまより提出していただく書類が弊社へ届いたのちに、手続に必要な書類を発行いたしますので、お客さまのお手元に必要書類が届き次第、各運輸支局および各軽自動車協会の窓口でお手続をお願いいたします。

書類発行のお手続きにつきましては、こちらをご参照ください。

早期完済について

契約の途中で残金全額を一括でご返済いただくことが可能です。これを早期完済といいます。この場合の早期完済の金額は残金全額から所定の割引額を除いた金額に事務手数料を加算した金額となります。

早期完済のお手続きにつきましては、こちらをご参照ください。

お引き落とし口座の設定について