クレジット契約の仕組み

Mechanism of credit contract

こちらでは、クレジット契約における仕組みについてご説明します。
詳しくは日本クレジット協会のWebサイトをご参照下さい。

所有権留保について

なぜ所有権をクレジット会社が持つの?
クレジットで商品のご契約をされた場合、商品はご契約者様がお受取後、使用が可能となりますが、代金を販売店様へ立替えてお支払したのはクレジット会社となります。そのため、お客様がクレジットのお支払を終了するまではクレジット会社が商品を所有する権利を持つこととなります。これを「所有権留保」といいます。

お車の場合、基本的には車検証の所有者欄にクレジット会社の名前を登録します。一部、弊社判断により登録を行わないこともございますが、その場合であってもクレジット契約の終了まで車の所有権を持つのはクレジット会社となります。
詳しくはクレジット契約書裏面約款をご確認ください。

車検証の登録変更や所有権解除について

クレジット会社の所有権登録を実施したお車の登録内容を変更されたい場合(ナンバーのご変更等)や所有権留保の解除をご希望される場合は、クレジット会社が発行する書類が必要となります。
この場合、ご契約者様より提出していただく書類が弊社へ届いたのちに、手続に必要な書類を発行いたしますので、お客様のお手元に必要書類が届き次第、各運輸支局および各軽自動車協会の窓口でお手続をお願いいたします。

販売店様から書類の発行をご依頼いただいた場合、弊社よりご契約者様へ手続実施のため確認連絡をさせていただきます。

書類について

ご契約者様 → プレミアファイナンシャルサービス

手続 必要書類
変更 車検証(コピー)、発行・照会等依頼書(1)、本人確認書類(2)
解除 車検証(コピー)、発行・照会等依頼書(1)、本人確認書類(2)、印鑑証明書(3)、所有権解除依頼書

プレミアファイナンシャルサービス → ご契約者様

手続 必要書類
変更 委任状
申請依頼書、所有者承諾書
解除 印鑑証明書(3)、委任状、譲渡証
申請依頼書、所有者承諾書

1 こちらよりダウンロードしてご利用ください
2 印鑑証明書、住民票、運転免許証(コピー)等
3 発行から3ヶ月以内のもの

早期完済について

契約の途中で残金全額を一括でご返済いただくことが可能です。これを早期完済といいます。この場合の早期完済の金額は残金全額から所定の割引額を除いた金額に事務手数料を加算した金額となります。

割引額とは

割引額は残金のうち、お支払期限の来ていない(期限未到来の)分割払手数料を78分法という計算方法に基づいて求められる金額です。

早期完済事務手数料とは…

お支払の期限がきていない分割払手数料へ35%を乗じた金額(上限は10万円)が早期完済事務手数料となります。詳しくはクレジットご契約書の裏面約款をご確認いただけますようお願いいたいします。

期限未到来の分割払手数料とは

例)12回払いの契約を7回目の支払で早期完済する場合
残金は、残回数が減れば平行して減っていきますが、毎月のお支払金額が均一である均等払いの場合、お支払いただく金額は毎月同じですが、内訳は下図のように元本と分割払手数料の占める割合はお支払回数ごとに異なります。

78分法とは

78分法とはクレジット契約の早期完済時、主に用いられる計算方法で、12ヶ月の均等払いを仮定した場合、下図のように分割払手数料が78単位となると考える計算方法です。この計算方法は日本クレジット協会の定めるものに則っています。詳しくはこちらをご参照下さい。

例えば図3の通り12ヶ月払で契約したものを7回目のお支払後で一括返済する場合8回目以降のマス目が期限未到来の分割払手数料にあたります。
→8回目以降のマス目の合計は「15」となります。

お引き落とし口座設定について