ニュース

News

コロナ禍におけるプレミアの支援活動開始【第一弾】~お弁当の購入を通じた飲食店支援について~

【2020年4月21日】

プレミアグループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田洋一)は、新型コロナウイルス禍において今後、支援活動を行っていきたいと考えております。今回はその第一弾として、売上が落ち込んでいる飲食店に対して、お弁当の購入を通じた支援を行うことといたしましたので、お知らせいたします。

■お弁当を購入し、業務上やむを得ず出社している社員に無償提供
東京都内、関東中央本部(埼玉県さいたま市)、大阪本部(大阪府吹田市)等、全国5拠点において拠点近隣の飲食店からお弁当の購入をいたします。お弁当の購入代金は社員会負担とし、業務上やむを得ず出社している社員に対して無償配布いたします。

■取組み概要
・実施期間:4月17日~5月末(自粛期間によっては延長の可能性あり)
・対象人数:各拠点15人~35人/日

購入先の飲食店は、拠点住所の近くにあることを基本として、給食センター業者様やグルメサイト等から情報を収集し、コロナ禍により宅配を開始した業者様を中心に直接問い合わせを行ったうえで決定しております。
またこの取組みは、2020年4月に入社した新入社員全員が在宅勤務の為、研修プログラムの一環として実施しております。

当社グループは今後も、新型コロナウイルス感染拡大下でも社会に対して働きかけ、医療機関へのサポート等出来る限りの支援活動を随時実施してまいります。

※ 店舗の営業を休止し、配達可能な事業者様でご希望がございましたら、下記へメールにてご連絡ください。
pg_shien@premium-group.co.jp

 

リリース全文はこちらからご覧ください。

Back to TOP

一覧へ戻る